童貞が不審がられて断られることなく女性をデートに誘うには xquery demo

気になる女性とどこかに行きたいと思った時に、突然何の前触れもなく「今度あそこに行ってみない?」と誘っても、不審がられて断られるのが落ちです。もしも、本気で一緒に行きたいと考えているならきちんとした手順を踏むことが大事なのです。童貞男性はこういった手順や気遣いが下手なことが多いですね。

童貞卒業」などのまとめサイトで童貞の捨て方を学んだほうが良いでしょうね。女性との話し方や態度、つきあい方を勉強し、ひとりよがりな性格を直したほうが良いと思いますね。

まず、気になる女性が会社の同僚や同じ大学の子であるなら、普段から見かけたときに挨拶をして、顔を覚えてもらうとともに印象付けるようにしましょう。そして、それを一週間毎日繰り返した後に、その女性が一人でいる時に気さくに話しかけるのです。毎日挨拶をする間柄ですから、このころには警戒心はだいぶなくなっているはずです。また、同じ会社、大学の人であることがわかっているので、向こうからも話しやすい状況になっているはずです。

それから、何度か世間話をして、ただの同僚から、顔見知りの同僚にステップアップするのです。話の内容も、女性に合わせたり、女性が好みそうなドラマや本などの話を自分もあらかじめリサーチしておき、共通の嗜好であることを強調するのです。そこまで行くと、かなり女性は好感を持って接してくれるはずです。

それから段々、身近にあるお店の話をして、情報通であることをアピールしてください。「あの店はいいよ。あのメニューが人気なんだ」なんて、具体的な名前を出すことで、女性はどんどん話に食いついてきます。最後に「ええ、そうなんだ。行ってみたい」などという一言を引き出せた時、あと一歩の努力が必要となります。「じゃあ、今度行ってみようか」の一言を、今ここで投下するのです。

もしも、その段階であなたのことを気に入っていたら、それこそ二人きりで行くことができます。しかし、もしかしてまだ二人きりになるのは早い、と思う場合もありますよね。その場合は、「みんなで」という一言を添えましょう。二人で行くことを拒否したからと言って、まだあなたは負けたわけではないのです。みんなで行くことでさらに話が盛り上がり、二人の仲が進展する可能性もあるのですから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *